私はあまり外国人に興味がありませんでした。外国人というか欧米人、日本人と違う、白い肌、赤茶や金髪、青い目、掘りの深い顔立ち、ムキムキとした筋肉質の巨体など、日本人にはないその容姿が、心に響くことは殆どなく、ハリウッドスターより、クラスの男の子の方がどんだけカッコいいんだろう。会社の同僚の方がセクシーではないか。大人になった今のいままでそう感じていました。多分、欧米人の雰囲気からリアルな生活を考えることができなかったからです。
ですが、ケーブルTVで何気無く見始めたドラマによって、何が変わったようなのです。
それは、「ゲーム オブ スローンズ」です。
アメリカのもので、中世を舞台に架空の国と国との王権争いの話です。それも一部10話あり、現在は第6部まで放映されていますが、まだ終わることのない壮大な人間ドラマなのです。戦闘、策略に満ちた世の中で、誰もが自分と自分の大切なものを守る為に、必死に生き闘っているのです。中世が舞台なので、戦いは鉄の鎧に剣に盾を持ち、馬が大切な移動手段。大きな剣で人の首を落とす様な残虐なシーンも沢山あります。貧富の差も激しく、女性は虐げられていた時代。始めは思わず目を背けたくなることばかりでした。ですが、そんな話の中でも、正義感に溢れる勇者がいたり、清らかな娘がいたり、かと思えば傍若無人な王妃がいたり、絶対的権力者が地に落ちたりと、実に人間のエゴが渦巻く美しくない世界にドンドン引き込まれてしまいました。ドラゴンやゾンビの戦士が出てくるのもまた、おもしろいのです。
そんなドラマのおかげで、あんなに興味のなかった外国人(金髪や赤毛の人)に、この人達も色々あって人間なんだな、と当たり前ですが、そんなことを考えるようになりました。価値観が、ひっくり返ったドラマのおかげで英語の勉強間で、始めてしまいました。
ドラマの続きと、外国人好きになってきた私のこれから、なんだか楽しみなのです。ちっぽけな自分だけど、世界は広い!そんな楽しみをくれたドラマに感謝です。ミュゼ 2人

 実況協に始めることはしていない普通の会員になっているので、当然として実況協の品物を貰う位置付けの人間として又もや色々な不安な材料とかクエスチョンを感じている日々だ。実況協の意見が特別に規則正しいという印象を持ってる顧客が周囲におるなかで、委員実行は結構ツライ意識をしていたのだと近年そんなふうに感じている日々だ。
 別にフードだけが良ければそれでいいと考えてもいいのですが、実況協の商品って割高ということもあって買い控えしてる最中です。
 しかし、今はサービスの状況であり、会員にどうしてもといっていいほど実況協に関わってる顧客がなんだかと接触を持とうとしています。
真にそれに負けてサービスを買ったら未払いとして請求されることも何回もあります。それに今は実に支出がかさんでいてどれを押さえつけるべきかと考えたならば、実況協のユーザーだと感じているのは、前もってこういうストーカーみたいなアクティビティかもしれません。
 実況協の商品は大いに上質だという会話を聞きますし、安らぎ・安全にこだわってとの単語を聞いていると必ずや、だから何?と文句を言いそうな気持になります。
味気ないフードを食べて、環境に手厚い石鹸を進めているのですが、とってもあの外見は図々しい様子を持ってしまっています。
 それに実況協に対しての疑惑は、最も政治実行などがまったく執拗に判読を展開しているのを見ると不信を感じています。
 今日もストーカーもどきの電話がかかってきていたり、出先にはその関係の人の持ち味が見えました。(別の造りかもしれないけど実況協から政治のユーザーに行ってる顧客がいた)足脱毛