2018年サッカーワールドカップの事について書きたいと思います。過去の日本の出場データを振り返ってみると、南米が入っている組では、日本は1次リーグを敗退しています。逆に決勝トーナメントに進出できた時は、南米のチームは入っていません。これは、南米のチームが入ると日本は絶対に1次リーグを敗退するという事を意味します。今回の2018年大会では、南米のコロンビアが同じ組に入っていますが、今回も1次リーグ敗退なのでしょうか?南米の方が、サッカーが卓越されており、歴史がある事は分かっている事ですが、事前に絶対に負けるというのも面白くありませんね。ブラジルとアルゼンチンは仕方ないですが、コロンビアとなら互角の戦いができるのではないかと思います。コロンビアとは2回目の対戦になりますが、チームの内部構造は分かっている事なので、2回目の対戦では良い対応ができるのではないかと思います。できれば、3-3の互角の戦いが見たいですね。http://www.br-guadeloupe.com/ginza-kao.html